1000文字ブログを毎日更新できるカンタンな方法は「広げる力」を意識すること

ブログの更新、続かない人が多いみたいですね。

3ヶ月毎日更新できる人はあまりいないとか、1000文字以上の記事を毎日複数更新なんて辛すぎる!みたいな意見が大半みたいですね。

そんな中、ぼくはというと、全然苦じゃないんですよね。

むしろなんでみんなそんなにブログの記事更新のことを「苦行」みたいな感覚になるのかわからないくらい。

これってぼくがブロガーに向いてるってことなんでしょうか笑

なので今回は、ブログの更新が「苦行」「ツライ」と感じてしまっている人に向けて更新継続のコツなんかを書いていきたいと思いますね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

ただの日記でいいんです

ブログ記事なんて、毎日更新していくのは簡単ですよ。

自分の身の回りに起きたこと、自分が感じたことをそのまま吐き出していけばいいだけですから。

呼吸みたいなものです。

極端にいうと、おんなじことばかり書いていてもいいんです。

完全に同じ記事を毎日コピペではもちろん誰も読みませんがw

例えば

今日の天気は晴れでした、

こういうことをしました、

こういうご飯を食べました、

こういう本を読みました、

こういうサイトをネットで見つけました、

こういう曲を最近聞きました、

こういう買い物をしました、

こういうアプリにはまってます、、、

こういう、、、

こういう、、、

こうやってならべて書くとめちゃくちゃな感じがしますね。

「いや、それじゃほんとにただの日記じゃねえかよ、わら」

そういう意見もわかるんですが、有名なブロガーさんたちでも、よくよく内容を見てみるとこんな感じですよマジで。

でも、上に羅列した一つ一つを1000文字クラスの記事に広げていけばあっという間にたくさんの記事ネタができます。

要は、なんでも一つのことにフォーカスして、「広げる」能力が、我らブロガーに問われるわけです。

一つのことを1000文字に広げる能力

そう、一つのことを広げて、広げて、多角的に語れる能力。

これを鍛えていきましょう。

基本的なトレーニングとして最適なのが、もしどこかで飯を食べた系の記事を書くなら、写真を挿入して、その写真に写っていることについて語る。

お店の位置のグーグルマップを挿入して、場所について、アクセス方法などについて語る。

ついでに周辺エリアのことなども書いちゃう。

で、実際の料理のことを語る。

ついでに自分の普通の日記っぽい内容もちょっと最後に語る。

これですぐに1000文字くらいになりますよ。

ついでに自分のことをちょろっと書くくらいの心の余裕が大事です。

まとめ

こんな感じでひとつ一つの事象を広げていって、現在、ぼくは基本的に毎日1000文字以上のブログ記事を複数更新しています。

仕事がある日は2記事ほど、休日は4記事ほど更新しています。

月に20日仕事、10日休みだとして、さすがに予定のある休みの日や仕事帰りに飲みに行くこともあるので、毎月6、70記事くらいのコンテンツをネット上に放出している感じですね。

これを毎月毎月続けると、だいたい700記事くらい一年で積み上げられる感じですよね。

プロブロガーのイケダハヤトさんがいうにはブログで安定した収益、つまりブログのみで生活費を賄えるには約3000記事くらいあればいいんじゃないかね。とのこと。

毎年700記事更新だと4、5年かかってようやく3000記事ですかね。

これでは長いなぁ、、さすがに。

まあでも、逆に4、5年で完全にブログだけで食っていけるって考えるとめちゃくちゃ魅力的ですよね。

では。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

フォローしてね!

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告