400記事書いたので自己表現とお金を稼ぐことを両立できる雑記ブログの魅力をまた語るよ

最近毎日仕事がある日は2、3記事更新、休みの日は4記事以上はブログ記事を更新できています。

それに伴い、日々だんだんとアクセス数も増えてきている我が雑記ブログ「湿度50%」です。

先日ふと記事数をみたら、なんと400記事もこのブログ内にコンテンツが積もってきているんですね、、、

やはり毎日の積み重ねの力というものは恐ろしいですな。

なので今回は400記事書いてみて改めて思う雑記ブログのいいところ、可能性なんかを書いていきたいと思います。

ざっくりこの記事の内容は、

  • ブログ継続の精神面
  • 運営にあたって1つだけ守りたいこと
  • そしてお金とアクセス数の話

です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

雑記ブログって「あることないこと」書いていいの?

そう、雑記ブログこそが最強の稼ぎ方

これはぼくの持論ですが、実際にここまで自由に、かつ効率よく遊びと趣味と、学びと経験と、知識と過去と未来と現在と、、、

書き出すと長くなりますがw

要するに自分というフィルターを通して、世の中のあらゆる物事、森羅万象を記事にしていけば、それが積もり積もって膨大なコンテンツになり、収益を発生させるという、なんとも自由すぎる商売なのです。

なにかでんだら、書く

どこかにってきたら、書く

過去の経験を、書く

未来の妄想も、書くw

そんな感じで文字通り「あることないこと」でいいんですよ、記事の内容なんて。

タイトルと内容だけは一致させよう

ただし!

そんな自由すぎる雑記ブログ運営ですが、1つだけ守らなくてはいけないこともあります。

といっても、ものすごく簡単なことです。

別に毎日更新を必ずしろ!とか、読者目線でどのこうのという話ではありません。

いいですか、それは、

タイトルと記事の内容を一致させる

はい、これだけです。

これだけは守りましょう。

グーグルなどの検索結果でタイトルを見てクリックしてくれた人が、「いざ記事を読んでみたら全然違う内容だった」ということさえ防げれば、あとは何を書いてもよしです。

もちろん度が過ぎた誹謗中傷などはそもそも論外としてですよ。

400記事書いたお金とアクセス数は?

みなさんが気になるのはいったい400記事を書いて、肝心のアクセス数はどのくらい伸びるの?ということですよね?

ぼくの場合をまとめます。

  • 運営歴約9ヶ月
  • 途中5ヶ月あたりの時点でドメイン名変更アンドワードプレス移行
  • 1記事あたりの文字数、平均1200文字ほど
  • アドセンスとアマゾンが収益のメイン、今後はASPに注力したい

ざっくりいうと上記がぼくのブログの現状ですな。

特に途中ドメイン変更がイタイ感じですねぇ。

なのでぼくのこのドメインが生まれてまだ4ヶ月ほどです。

この状態で気になるアクセス数アンド収益はというと、、

だいたい月間25,000PVほどで、収益は3〜4000円ほどですな。

少ない、、んですかね?それとも上出来?

400記事も突っ込んでその程度かよ!?

という意見、わかります。

まぁでも、まだドメインも育ってないし、今後このペースで記事を量産していけばじわじわアクセスも収益も伸びていくでしょう。

遊びの延長線上にあるのが雑記ブログ

冒頭にも言いましたが、何と言っても遊びの延長線上みたいなものですから、雑記ブログというのは。

適当にタイトルと記事の内容を一致させてサクサク自分の好きなことや何かをアウトプットしていけばいいだけの話なのでね。

いくら適当にといっても、もちろんタイトルの付け方は検索キーワードを意識していますけど。

まとめ〜ポジティブに語っていこう!〜

多趣味な方好奇心が旺盛な方物事の「良い側面」をうまく切りとれる人はブロガー向きだと思いますね。

物事の悪い面」にフォーカスしてしまうと、どうしても文句記事みたいなものを書いてしまい、批判も書いた本人に跳ね返ってきやすくなりますからね。

そういう消耗を避けるためにも、長期的に運営していくにはやはり、ポジティブな内容をたくさんアップできるようにしたいものですね。

その方が精神的にですから。

そんなわけで雑記ブログで400記事書いたので、遊びとお金を同時に攻略できる可能性を秘めた雑記ブログというものは、やっぱり深いし面白いな

という記事でした。

では。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

フォローしてね!

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告