Amazonミュージックの音質が悪いのでApple Musicに乗り換えたよ。

どうも、音楽大好きブロガーのてつです。

Amazonミュージック(Amazon Music Unlimited)からApple Musicに音楽サブスクを乗り換えました。

このブログでは基本的にAmazonミュージックを推していたのですが…汗。

自分の音楽機材がアップデートされていくにつれて、

あれ?Amazonミュージックの音質、なんかジャリジャリしてる…??

と、アラが気になるようになってきてしまったんです。

iBasso DC05音質レビュー!歴代モデルと比べて圧倒的な高音の伸びが魅力
どうも、スティック型USBポータブルDACが大好きなブロガーのてつです。 iBassoから待望の新作が出ましたね! DC05です!! まだ日本国内では未発売(追記:12月17日に発売されましたね!祝...

 

乗り換え先はApple Music。

いや〜…。

正直、Apple Musicって、なんか地味じゃないですか?

一応ロスレスに対応はしていますが、Amazonの「ウルトラハイレゾ」などという飛び道具もないし、音質もそれなりなんだろうな〜と思い込んでおりました。

が、よくよくちゃんと聴き比べてみると、AmazonミュージックよりもApple Musicの方が自然で濃厚な音質が表現されております。

まとめ↓

【Amazonミュージック】

パッと聞くと、Amazonミュージックの方が派手。高音域の解像感もよい。

でも、長時間聴いていると、なんか疲れてくる。

ボーカルがカリカリしていて不自然。

【Apple Music】

Apple Musicは、フラットでナチュラルな音質なので、地味だけど、味わい深いというか、声なども自然で聴き疲れがしない。中音域の密度が高め。

Amazonミュージック(Amazon Music Unlimited)は高音域盛ってる??

ウルトラハイレゾとか、スペックの数字には、Amazonミュージックの方が上なのですが、同じ曲で何度も聴き比べたりしても、Apple Musicの方が音質面で上に感じました。

Amazonミュージックは、総じて高音域がつぶれ気味でジャリジャリしているんですよね…。

解像感はすごくいいんですけど、

なんか、ワンチャン、ちょっと高音域を意図的にイコライザーで強調してるんじゃね??

と疑ってしまうほど、カリッとクリスピーな音質。

いや、別に悪い音質ではないのですが、ホント〜に微妙に、カリカリするんですよね。

派手すぎるというか、パッと聴きはいいのですが、長時間聴いてると疲れるんです。

 

そこそこいいDAC(ヘッドホンアンプ)やモニターヘッドホンを買うまでは、そのAmazonミュージックの高音域=キレがあっていい音だと思っていましたが、

最近は再生環境がドンドンよくなり、

なんかシンバルとかの音色がつぶれ気味で不自然だな…。

と感じるように。

スティック型USB-DACヘッドホンアンプ14機種聴き比べ!おすすめはどれ?
14機種の有名なスティック型DACを聴き比べしてみた。 それぞれの音質・音色の違いなんかの所見をまとめておきたいと思う。 ※スティック型USBDACとは? 小指の先ほどのコンパクトなヘッドホンアンプ。スマホ...

Apple Musicの方がフラットで濃厚(な気がする)

スマホ(アンドロイドとiPhone)でAmazonミュージックとApple Musicを聴き比べてみると、そこまで違いがわからないのですが、

違いが顕著に出るのが、

Macでの再生。

AmazonミュージックのMacアプリ版の音質が、どうにもこうにも、非常に微妙。

排他モードなど色々試したのですが、根本的にやはり、高音域のジャリジャリ感はどうしても拭えない…。

やはりMacにはアップル純正アプリかな〜と思い、試しにApple Musicで聞いてみると…。

うおッ…こっちの方が全然音いいやんけ!

と、びっくりしました。

 

Amazonミュージックのジャリッとした音が、Apple Musicだとわずかに角がとれて、自然なんですよね。

Amazonミュージックは、やっぱり高音域が強調されているのか、リバーブなどの残響音はたしかにキレイに聞こえることもあるのですが、Apple Musicは、その代わりにボーカルの声などの中音域が、より自然でリアルに響いてくれます。

原因は圧縮技術?それともアプリの問題?

これ、マジで原因はなんなんでしょうね…。

Amazonミュージックの音源データは、FLAC形式。

Apple Musicは、ALAC形式。

どちらもCD音質と同等のクオリティで再生できる可逆圧縮フォーマット。

 

※ALACとFLACの違いについて、Yahoo!知恵袋に興味深い記述が↓

ALACは、Appleロスレスとも言われますが、原型はプロオーディオ企業のアポジー社が開発し、後にApple社がApgee社を買収した事で、この技術を吸い上げて、専用回路(ハード機器)ではなく、コンピューターで扱いやすく改良したのがAppleロスレス、ALACとなります。

特許技術なので、他のメーカー等が勝手に使う事ができないため、iTunesがWindowsにも対応するように成る前は、Windows環境では使う事が難しかったので、特許部分に触れない新しいアルゴリズムで、ほぼおなじ様な効果を持たせた、フリーのLACと言うのがFLACと呼ばれる物です。

引用元:Yahoo!知恵袋

 

Amazonミュージックが、意図的にこっそり音源データの高音域をちょっぴり「盛る」ということはさすがに考えにくいので、

あるとしたら、「再生アプリ」ですかね。

Amazonミュージックは、マジでこっそり高音域を内部イコライザーで若干「盛ってる」可能性もなくはないかもですね。

いや、そんな疑いをかけるのはAmazonさんに悪いとは思うのですが、ホント、同じ音源で聴き比べるとやっぱり高音域がマシマシ(とはいっても、本当にわずかに)になってるんですよね…。

よくいえば、高音域の解像度がよく、見通しのいいキリッとした音。

悪くいえば、ラジカセっぽいジャリッとした質感…。

という感じ。

 

それか、純粋に、アプリの設計の出来がアップルの方が上だということかもしれません。

FLAC vs ALAC問題なのか、それともアプリの設計の問題なのか、、。

興味深いので、今後色々調べてみたいと思う領域ですね。

まとめ:現状、音楽サブスクはApple Musicが良好

【Amazonミュージック】

パッと聞くと、Amazonミュージックの方が派手。高音域の解像感もよい。

でも、長時間聴いていると、なんか疲れてくる。

ボーカルがカリカリしていて不自然。

【Apple Music】

Apple Musicは、フラットでナチュラルな音質なので、地味だけど、味わい深いというか、声なども自然で聴き疲れがしない。中音域の密度が高め。

 

そんな印象を抱いております。

というわけで、月額はちょっと高くなりますが、Apple Musicに乗り換えました。

Amazonミュージックは年払いだと9800円。※Amazonプライム会員は7800円。

Apple Musicは月額980円。(年額11,760円)

1年間の差額は3960円。

4千円近くAmazonの方が安いんですな。

 

なので、かなり悩みましたが、やはり音楽は少しでもいい音で聴きたいわけです。

余談:Amazonミュージックも一度は試してみる価値あり

とはいえ、Amazonミュージックもそこまでヒドい音質ではないので、無料でお試しなどはしてみる価値ありですよ。

30日間無料ですし、聞こえ方には人によって差があるので、キリッとした高音域が好みなら、Amazonミュージックもアリです。

【ハイレゾ聴き放題ならAmazonミュージック】 あらゆるジャンルの音楽がウルトラハイレゾで聴き放題🌎
オーディオマニア定番のFLAC形式データで超高解像度📝
今なら無料で30日間試せる😳
AmazonミュージックHDを無料で試してみる!

 

あわせて読みたい人気記事↓

おすすめの機材とか↓

iBasso DC05音質レビュー!歴代モデルと比べて圧倒的な高音の伸びが魅力
どうも、スティック型USBポータブルDACが大好きなブロガーのてつです。 iBassoから待望の新作が出ましたね! DC05です!! まだ日本国内では未発売(追記:12月17日に発売されましたね!祝...
iBassoDC05とAKGのモニターヘッドホンK271MK2の組み合わせがよい
どうも、USBDAC好きブロガーのてつです。 いや〜...最高です。 iBassoのスティック型DAC「DC05」を入手してからここ数日間、ずっと感動しっぱなし。 前回のファーストインプレッションの記事でも絶賛しま...
スティック型USB-DACヘッドホンアンプ14機種聴き比べ!おすすめはどれ?
14機種の有名なスティック型DACを聴き比べしてみた。 それぞれの音質・音色の違いなんかの所見をまとめておきたいと思う。 ※スティック型USBDACとは? 小指の先ほどのコンパクトなヘッドホンアンプ。スマホ...
【無料】いまならアマゾンのハイレゾ聴き放題サービスが無料で30日試せる



ちなみに、皆さんは普段、音楽をどのような媒体で聴いていますか?
mp3?CD?レコード?
ハイレゾ超高音質で7000万曲以上聴き放題のアマゾンのサービスがヤバイです。

ハイレゾ音楽のサブスクなら、アマゾンミュージックアンリミテッドHDが断然おすすめ。
オーディオマニアに最強と言われることが多いデータ方式「FLAC」の音源ソースで、あらゆるジャンルの音楽が聴き放題で、月額980円。
控えめにいって、めちゃくちゃお得です。

バフッ!バフ...!っとバスドラムの皮が揺れる感じとか、シュワワ〜っとシンバルの超高音域が全然潰れないクリアーな世界...。
ドキッとするようなボーカルの生々しさや息づかい、各楽器のディテール、ステージの臨場感などがありありと目の前で展開されます。
腰抜かすレベルで感動しますよ...。

月にアルバム1枚を購入するよりも安い金額で、新作から往年の名盤まで、邦楽も洋楽も無制限・無広告でハイレゾ音質で楽しみまくれます。
自分だけのプレイリストを作ってニヤニヤすることも可能。
いまなら30日間無料で試せるキャンペーン をしています。

アナログ派の人も、MP3派の人も、
ぜひこの機会に、ハイレゾサブスクの世界のヤバさを体感してみてください。
無料期間内に解約すれば、お金は一切かかりません。
超お得なキャンペーンなので、まだ未体験の方は、ぜひ登録しておきましょう↓

\無料でアマゾンのハイレゾ音楽サービス「Amazon Music Unlimited HD」を試してみる/

ブログ管理人プロフィール


記事を最後までお読みいただきありがとうございます。

ところで、もし今のあなたが「なぜかやる気がでない...慢性的にだるい..仕事もプライベートもパッとしない...自分なりに頑張ってはいるんだけど...なぜ??」という悩みを抱えているようでしたら、『ある一つの習慣』を身につけるだけで圧倒的に人生を逆転させられるチャンスがあります。

元非モテでアラサー年収200万のワープアだったぼくでも理想の恋人ができてしまったり、ネットビジネスで成功し、海外を好きなように旅しながら生きていける自由も手に入れられた究極のライフハック術です。

しかもお金も一切かからないので、あなたでもいますぐに試せます。

割とカンタンに人生を好転させられる方法はプロフページで紹介しています。2分くらいで読めます。

おすすめ!
⇒サクッと人生が好転する意外すぎる習慣を知ってみる(ブログ内プロフページ)

オーディオ周り
湿度50%
タイトルとURLをコピーしました