当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

AKG K701の6.3mmプラグを3.5mmミニプラグ仕様に改造する方法【音質改善】

AKG-K701の6.3mmプラグを3.5mmミニプラグ仕様に改造する方法【音質改善】サムネイル画像

どうも、ヘッドホン好きブロガーのてつです。

AKGの名作ヘッドホンK701。

とてもいい音なのですが、6.3mmの大きめのステレオプラグなのがちょっとだけ普段使いするには不便だったりします。

最近流行りのDAPやコンパクトなスティック型ドングルUSB-DACなどは、6.3mmステレオプラグがついていないことがほとんど。

 

DAPやUSB-DACには

3.5mmステレオミニプラグ

もしくは

4.4mmバランスペンタコンプラグ

しか搭載されていない場合が多いです。

左から大きい順にShanlingUA3,iBassoDC06,DC03PRO,DC05

左から大きい順にShanlingUA3,iBassoDC06,DC03PRO,DC05

そういう場合にK701を使おうとすると、必然的に「変換プラグ」が必要になるんですが、これを噛ませると途端に音質がジャリジャリして超微妙。

フルテックの高品質な変換プラグF35なども買ったのですが、それでもやっぱり音色の劣化が気になる…。

というわけで、思い切ってK701の純正6.3mmステレオプラグを切断。

3.5mmステレオミニプラグ化してみました。

これでK701の本来のポテンシャルを損なうことなく、流行りのDACやDAPで手軽に使うことができます。

では、やり方をカンタンに残しておきますね。

【ウルトラハイレゾ聴き放題ならAmazonミュージック】

あらゆるジャンルの音楽がウルトラハイレゾで聴き放題🌎
オーディオマニア定番のFLAC形式データで超高解像度📝
今なら無料で30日間試せる😳
無料でAmazonミュージックウルトラHDを30日間試してみる!
バナー黒板風

AKG K701のステレオ標準プラグをミニプラグに交換する方法

まずは用意するもの↓

  1. ステレオミニプラグ(REAN-NYS231-BG)
  2. はんだごてセット
  3. ニッパー
  4. ※あればケーブルクランプ

という感じ。

ステレオミニプラグ(REAN-NYS231-BG)

今回、交換用のステレオミニプラグにはREAN製を使用しました。

REANは業界標準のノイトリック社の別ブランドということもあり、リケーブル界隈ではド定番のブランド。

音質にも定評があるので、よほどのこだわりがなければREAN-NYS231-BGを選んでおけば間違い無いかなと。

価格も500円くらいですし。

大きめのケーブルの口径に対応しているNYS231BG-LLという型番もありますが、K701のケーブルの場合、「BG」の方でピッタリ(少し余裕がある)でした。

はんだごてセット

はんだごてはAmazonで安かったHAKKOというメーカーのものを使いました。

白光(HAKKO) BLUE SET 電気器具/電気部品用はんだこてセット 40W はんだ/吸取線/簡易こて台付き FX511-01

800円くらいで

  1. はんだごて
  2. はんだ
  3. こて台
  4. はんだ吸収線

がセットになっていて、初めてのはんだごてセットとしてかなりコスパ良くておすすめ。

その他

ニッパーがあるとケーブルの皮膜を剥きやすいので、あるとよし。

created by Rinker
髙儀(Takagi)
¥974 (2024/06/20 10:37:35時点 Amazon調べ-詳細)

今回、ぼくは使いませんでしたが、ケーブルを固定するクランプorクリッパーというアイテムがあった方が断然スムーズにハンダ付処理できると思います。

created by Rinker
ティエスケイ(TSK)
¥1,587 (2024/06/20 10:37:37時点 Amazon調べ-詳細)

ケーブルってクルクルとクセがついて動いてしまうので、ハンダ付にけっこう苦戦しました。

ケーブルクランプがあれば、ケーブルを固定してじっくりと両手が空いた状態でハンダ付に集中できるので、余裕があればクランプも買っておくといいでしょう。

いざ作業

では、K701のプラグを交換していきます。

純正の6.3mm標準ステレオプラグを断腸の思いで切断…。

皮膜を剥きます。

K701のケーブルは4芯構造。

黒:左ー

白:右ー

黄色:左+

赤:右+

となっています。

画像引用元:参考リンクUser manual AKG K701 (English – 3 pages)

4芯構造なので、バランス化することも可能です。

ぼくはバランス化ではなく3.5mmのアンバランス仕様にしますので、黒と白のー(グランド)は一つにまとめてしまいます。

 

はんだつけする前に、新しいプラグの筒と透明の保護パーツ部分を必ず先に通しておきましょう。

この筒を通しておかないで、はんだつけしてしまうと後から入れられなくなるので、要注意。

ぼく自身、以前K242HDのジャック部分を交換するときにやってしまい、かなり後悔した思い出がありますw

配線について

皮膜から剥いた黄色(L)・赤(R)・白黒混合(GRD)の3本を新しいプラグにはんだつけしていきます。

REANのプラグの場合、

真ん中の筒みたいな差し込み口⇒Rチャンネル

端の穴付きの部分⇒Lチャンネル

ベース部分⇒GRDグランド

です。

なので、K701の場合

真ん中⇒黄色
端⇒赤
ベース部分⇒白黒混合

というふうにはんだつけしていけばOKです。

はんだつけする前に、入念に銅線の長さや位置関係を整えて、根本を固定してから素早く最小限のはんだで処理していきます。

じっさいに作業して感じたのは、ステレオミニプラグのはんだつけはめっちゃ細かくて大変だな〜ということ。

ちょっとでも線同士が触れてしまうと音が出ないか、めっちゃ雑音だらけになってしまいます。

各線同士が触れ合わないようにはんだつけするには、なかなかの器用さと経験がいると思いました。

ぼく自身、はんだつけ作業自体は過去に何度かやったことがあったので、なんとか苦戦しつつもできました。

ですが、はんだつけが全く初めての場合は、失敗も想定してプラグの予備も一つくらい買っておいてもいいかなと思います。

何度も付け直したりして、接点部分をはんだでぐちゃぐちゃにしてしまうと、音質や見た目も悪くなるので、テンション下がりますしね…。

まとめ:普段ミニジャックでK701を使っている人はプラグごと改造すると音質が格段にアップ。めんどくさいけどおすすめです

はい、というわけで今回は

K701の6.3mmプラグを3.5mmミニプラグ仕様に改造する方法

でございました。

めんどくさかったですが、やる価値ありますよ。

特に普段変換プラグをつかってDACやDAPにK701を繋いでいる人は、マジで3.5mmもしくは4.4mmのバランスプラグ化などをして、変換プラグを使用しないようにすると、音質が超かわります。

体感ですが、変換プラグありのK701は本来のポテンシャルの7割くらいくらいしか発揮できていないと思います。

それくらい変換プラグは音質に対してネガティブな要素が強いです。

見た目もスッキリするし、取り回しもラクになるし、流行りのコンパクトDACやDAPでも気軽にK701の本来の音を楽しむことができるようになるので、プラグ変更はめっちゃおすすめですぞ!

 

↓今回紹介したアイテムたち

created by Rinker
髙儀(Takagi)
¥974 (2024/06/20 10:37:36時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ティエスケイ(TSK)
¥1,587 (2024/06/20 10:37:37時点 Amazon調べ-詳細)
【ウルトラハイレゾ聴き放題ならAmazonミュージック】

あらゆるジャンルの音楽がウルトラハイレゾで聴き放題🌎
オーディオマニア定番のFLAC形式データで超高解像度📝
今なら無料で30日間試せる😳
無料でAmazonミュージックウルトラHDを30日間試してみる!

あわせて読みたい人気記事↓

【本領発揮】AKG K701の高音質化!変換アダプタは捨てて3.5mmプラグに交換せよ
どうも、ヘッドホン大好きブロガーのてつです。 AKGの定番オープン型ヘッドホンK701をしばらく使っていたのですが、ぶっちゃけ、音質に100%満足してなかったんですよね...。 それで、今回思い切って 6.3mmス...
FURUTECH24金ヘッドホン変換アダプタのレビュー【AKG K701やソニー900STにオススメ!】
FURUTECHのヘッドホン変換アダプタを買ってみました。 F35という人気モデル。 24金ゴールドメッキバージョンと ロジウムメッキバージョンの2種類のラインナップがありましたが、 クセの少なそうな...
ついにK701買ってしまった...さすが名機と言われるだけの感動がある。
いや〜...ついにAKG K701を買ってしまいました! AKGのヘッドホンは好きでいろいろK240など買っていたのですが、結局ド定番のK701にも手を出してしまう始末...汗w 音をしばらく聞いてみて思...
ゼンハイザーHD6XX【HD650】の音質レビュー【K701との比較も】
どうも、ヘッドホン好きブロガーのてつです。 ゼンハイザーのHD6XXを買ってからというもの、夢中で毎日音楽を聴きまくっております...。 HD6XXとは、有名なHD650の「簡易塗装版」です。 約半額(現在...
AKG K701の中国製とオーストリア製のちがい【音質や外観】
どうも、ヘッドホン好きブロガーのてつです。 AKGのヘッドホンが大好きです。 先日買ったK701(現行の中国製造モデル)がめちゃくちゃ音がよくて感動。 昔のオーストリア製造のK701も気になる....
AKGヘッドホンのゴムのダルダルを輪ゴムで解消する方法!【K701,K712,K612など】
どうも、ヘッドホン好きブロガーのてつです。 AKGのヘッドホンって、ヘッドバンド調節用のゴムがビロ〜ンと伸びてきて緩みがち。 ゴムが伸びてしまうと、装着してもダラっと下がってくるので、地味にストレスになります。 こ...
iBasso DC03PRO音質レビュー【ダークホース現る。DC05やDC06と比較】
どうも、ポータブルDAC好きブロガーのてつです。 iBasso DC03PROを買ってから、毎日Apple Musicでハイレゾ音楽を楽しんでおります。 前回の記事では開封レビューをして外見デザインなどを...
【無料】いまならアマゾンのウルトラハイレゾ聴き放題サービスが無料で30日試せる



ちなみに、皆さんは普段、音楽をどのような媒体で聴いていますか?
mp3?CD?レコード?
ハイレゾ超高音質で7000万曲以上聴き放題のアマゾンのサービスがヤバイです。

ハイレゾ音楽のサブスクなら、アマゾンミュージックアンリミテッドHDが断然おすすめ。
オーディオマニアに最強と言われることが多いデータ方式「FLAC」の音源ソースで、あらゆるジャンルの音楽が聴き放題で、月額980円。
控えめにいって、めちゃくちゃお得です。

バフッ!バフ...!っとバスドラムの皮が揺れる感じとか、シュワワ〜っとシンバルの超高音域が全然潰れないクリアーな世界...。
ドキッとするようなボーカルの生々しさや息づかい、各楽器のディテール、ステージの臨場感などがありありと目の前で展開されます。
腰抜かすレベルで感動しますよ...。

月にアルバム1枚を購入するよりも安い金額で、新作から往年の名盤まで、邦楽も洋楽も無制限・無広告でウルトラハイレゾ音質で楽しみまくれます。
自分だけのプレイリストを作ってニヤニヤすることも可能。
いまなら30日間無料で試せるキャンペーン をしています。

アナログ派の人も、MP3派の人も、
ぜひこの機会に、ハイレゾサブスクの世界のヤバさを体感してみてください。
無料期間内に解約すれば、お金は一切かかりません。
超お得なキャンペーンなので、まだ未体験の方は、ぜひ登録しておきましょう↓

Amazon Music Unlimited HD無料体験はこちら


ブログ管理人プロフィール


記事を最後までお読みいただきありがとうございます。

ところで、もし今のあなたが「なぜかやる気がでない...慢性的にだるい..仕事もプライベートもパッとしない...自分なりに頑張ってはいるんだけど...なぜ??」という悩みを抱えているようでしたら、『ある一つの習慣』を身につけるだけで圧倒的に人生を逆転させられるチャンスがあります。

元非モテでアラサー年収200万のワープアだったぼくでも理想の恋人ができてしまったり、ネットビジネスで成功し、海外を好きなように旅しながら生きていける自由も手に入れられた究極のライフハック術です。

しかもお金も一切かからないので、あなたでもいますぐに試せます。

割とカンタンに人生を好転させられる方法はプロフページで紹介しています。2分くらいで読めます。

おすすめ!
⇒サクッと人生が好転する意外すぎる習慣を知ってみる(ブログ内プロフページ)

オーディオ周り
湿度50%
タイトルとURLをコピーしました