【詐欺】旅行中バルセロナで偽警官とその一味に騙されそうになった話【路上、公園】

 

突然ですがみなさん、詐欺にあった事あります?

 

訪問販売、路上で声をかけてくる絵の販売員、大きな話だと投資詐欺など。

 

世の中ってほんの少し気を抜いて見回してみると、すぐそこには詐欺師たちとその一味がたくさん徘徊しているんです。

 

ぼくももちろんたまに怪しい話を持ちかけられたりするんですが、 こういうときは一瞬で判断して無用なトラブルに巻き込まれないように入り口でしっかり見極めて、間違っても片足を突っ込むような事がないようにしたいものですね。

 

で、今回はそんな大げさな話ではないんですが、海外旅行中に遭遇した「偽警官とその一味のグループに言いくるめられそうになった話」をしてみたいと思います。

 

あわせて読みたい
上野公園の寄付活動は詐欺!偽僧侶や女性のグループに注意!ただし空中浮遊のおじさんはアリw

 

バルセロナの丘の上の見晴らしの良い広場にて詐欺師たちのコラボレーション

 

数年前の話ですから2015年あたりですかね、バルセロナにバックパッカー旅行者として一人旅しにいってた時なんですけど、バルセロナの街が見渡せるモンジュイックの丘の上にある有名な公園に行ったんですね。

 

 

まず、有名なバルセロナのロープウェイを降りてさっそくバルセロナのキレイな景色を堪能しようとするとヨーロッパの観光地ではありがちな「偽ボランティア寄付金集め」の女性たちに話しかけられます。

 

なんでも、車いすに乗って生活しているハンディキャップの方々のための寄付をお願いしますなどうんたらかんたら。。

 

この手の詐欺にはうんざりしているので、軽くあしらって景色などを見ていたのですが、しばらくすると、どこからともなく警官のバッジを手に持った男がぼくの目の前に現れました。

 

 

寄付金女からの非番の警官風男

 

非番の警官風の男「おい、さっきの女たちに金を渡したのか??」

 

ぼく「いや、渡してないよ。」

 

非番の警官風の男「あいつらに金を渡したんだろう?!あいつらは詐欺だから気をつけないと駄目だぞ!レポートするからとりあえず財布をみせてくれ!いくらとられたか確認するからよ!」

 

ぼく「いや、だから渡してないって、、しかもあなたも怪しいから信用できませんよ、、財布とか無理。」

 

非番の警官風の男「ちょっと身分証明書を確認するから財布見せろ」

 

ぼく「、、、あなたは信用できない!」

 

だんだんと強引な口調になってきます。

 

うわ〜でたよ、コレが噂の偽警官かと、幸い偽警官出没の話は聞いた事があったのでその男を見た瞬間に「偽」だと分かりましたが、まさか寄付女たちとの連係プレーで来るとは、、、

 

ただ、この男が結構強引で、軽く腕を掴んできたり、目の前に立ってきたりして歩いているぼくを止まらせようとしてきます。

 

運悪く、平日の昼間という事もあって観光客もまばらで、

 

広場にいるのはぼくと偽警官とあとは偽寄付金集めの女性たちと路上でお土産を売っているおじさんたちくらいなものです。

 

しばらくしてなんとかあしらって、ちょっと離れたベンチで休んでいるとまたしつこく偽警官が言い寄ってきます。

 

さらに囲い込まれるぼく

 

そこで驚いたのが、お土産売りのおじさんたちもその偽警官を信用した方が良いぞといったことをぼくに言ってきます。

 

まさかの3業種の連係プレー、、、

 

これは一日中やっていれば何人かは騙せるでしょうね。

 

じつに良く練られた囲い込み戦略だなあと感心してしまったくらいです。

 

財布を確認するときにいろいろとクレジットカードや現金をくすねるのでしょう。

 

 

旅行先で詐欺に遭わないために

 

旅行先などで詐欺に遭わないための心構えとして、

 

「近寄ってくる人は基本詐欺師」というフィルターをまずはじぶんの中に意識するは当たり前だとして、一歩引いて彼らの立場になると見えてくる事があります。

 

仕事にあぶれた人たちが、観光客が連日押し寄せる場所にいるんです。

 

詐欺師ではなくてもお店の店員さんも、お土産屋のおじさんもお金が絡むシチュエーションでは皆旅行者からお金を少しでも多く引き出そうと考えているんですよ。

 

しかもなぜか彼ら、今回の連係プレーじゃないですけど、ある種の美学というか妙にクリエイティブに仕事熱心なんですよね、、w

 

まじめに働いている?公務員系はいい加減な事が多いのに、詐欺師はやたらとクリエイティブというね。

 

まぁその辺の事情は多かれ少なかれ、どこの国でも似たり寄ったりなのかもしれませんね。

 

表面化しているか、していないかの違いだけのような気もします。

 

海外旅行中だけではなく、日本で生活している時でも気をつけたいものですね。

 

あわせて読みたい
上野公園の寄付活動は詐欺!偽僧侶や女性のグループに注意!ただし空中浮遊のおじさんはアリw

オススメ情報〜見た目でもっとも大事な部分とは?〜

これをお読みのあなたは、きっと知的で賢い人でしょう。
ただし、どんなにオシャレをしたり、筋トレしたり、自己研鑽しても...。
肌が汚いと、ほぼすべての努力が台無し。
服はオシャレだけど、見た目が汚いわ〜...

と思われてしまったら、損ですよね。
あなたの魅力が正しく伝わらないので、もったいなさすぎです。

女性の7割以上が男性の汚いヒゲに不快感を感じているそうです。

一昔前なら高いイメージだった本格的な医療レーザーのメンズヒゲ脱毛が、
いまなら月々3000円からできるのをご存知ですか?
あれ?...最近オレの青ひげ、濃くなってきてないか?
自分に自信が持てなくて、積極的になれない...
仕事に勉強...やりたいことに集中したいのに時間がない...涙
これらに一つでも当てはまるようなら、
いますぐヒゲ脱毛をはじめてみるべし。

ぼくもヒゲ脱毛をしていますが、控えめに言って最高です。
毎日の時間の余裕もできるし、肌もキレイになりました。
管理人オススメの定番&人気クリニックを載せておきます↓↓

【大人気!医療レーザー脱毛クリニック3選】

①100円で通い放題プランが魅力的な
ゴリラクリニック

髭脱毛

②月々3000円が魅力の
メンズリゼクリニック



③東京・名古屋・大阪なら知る人ぞ知る
「永久通い放題プラン」がある人気の
ドクターコバクリニック

Dr.コバ

各クリニックでは、カンタンなWEB予約だけで無料カウンセリングを実施中。
ヒゲ脱毛は、早く始めた方が圧倒的に有利。
一日5分をヒゲ剃りのためにムダにしていると、
365x5=1825分(約30時間)の損失。

時給1000円で考えると、
毎年3万円相当の時間をヒゲそりという非生産的なことに費やし続けているのです...。
コレが10年続いたら、どうでしょう?
替えのシェーバー代や、ローション代も考えたら...?
ヒゲを放置すると、数十万円以上のムダがあなたの人生につきまといます。
だから、ヒゲ脱毛してしまった方があきらかに合理的なのです。

ヒゲそりをつづけるほど、青ヒゲは濃くなります。
細かいキズのせいで色素沈着を起こすからです。
年とともに「剃っても剃っても消えない青ヒゲ」が濃くなるのはそれが原因です。

世の中の成功者といわれる賢い男性たちほど、
とっくにヒゲ脱毛して、有意義な時間を手に入れています。
そして、お金の余裕も生み出しているのです。
あなたもそういう賢い男性の仲間入りして、外見も内面もワンランクアップさせましょう。
ヒゲ脱毛は時間とお金を生み出す現代の錬金術ですぞ。

\いますぐ公式サイトをチェック/
ゴリラクリニック
(100円通い放題プランが大人気)
メンズリゼクリニック
(月3000円コースが魅力的)
ドクターコバクリニック
(永久通い放題コースで濃いヒゲも安心)

ブログ管理人プロフィール


記事を最後までお読みいただきありがとうございます。

ところで、もし今のあなたが「なぜかやる気がでない...慢性的にだるい..仕事もプライベートもパッとしない...自分なりに頑張ってはいるんだけど...なぜ??」という悩みを抱えているようでしたら、『ある一つの習慣』を身につけるだけで圧倒的に人生を逆転させられるチャンスがあります。

元非モテでアラサー年収200万のワープアだったぼくでも理想の恋人ができてしまったり、ネットビジネスで成功し、海外を好きなように旅しながら生きていける自由も手に入れられた究極のライフハック術です。

しかもお金も一切かからないので、あなたでもいますぐに試せます。

割とカンタンに人生を好転させられる方法はプロフページで紹介しています。2分くらいで読めます。

おすすめ!
⇒サクッと人生が好転する意外すぎる習慣を知ってみる(ブログ内プロフページ)

旅行お役立ち記事 気まぐれコラム
湿度50%
タイトルとURLをコピーしました