加計呂麻島でレンタカーを借りたいなら「加計呂麻レンタカー」1日3000円!瀬相港ちかくにあるよ。

どうも、てつです。

今回、奄美大島は加計呂麻島にいってきて、
現地でレンタカーを借りて便利だった話をしますね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

ローカル感たっぷりの「加計呂麻レンタカー」

奄美本島でもクルマで移動していたんですが、

クルマを一緒に積んで渡れる大きいフェリーって、

本数が少なくて予定が組み辛いんですよね。

帰りの便とか気軽に送らせたりできる、
定期的に本島と加計呂麻島を行き来する小型フェリーを使った方が観光は楽ですね。

そう思ってフェリーの着く港近くでレンタカーを借りられる場所はないかと
探してみると、ありました。

その名も「加計呂麻レンタカー」

この看板が目印です!



えっ?「加計呂麻板金」?!

っておもいました?

うん、ぼくも思ったのであなたは正しいです。w

ただ、この板金屋がちゃんとレンタカー屋さんなのですよ。

ではもう一枚の写真をみてみましょう。

板金塗装工場と書かれた下に、
加計呂麻レンタカー営業所の文字が見えますでしょ〜?w

正真正銘の、りっぱなレンタカー屋さんですよ!

ほら、
ちゃんとドアのところにも連絡先が書かれていますし。。

「携帯にかけてくれればオッケーよ。」

というスタイルも、じつに頼もしいじゃないですか。

いまこうして写真で振り返ってみて気づいたのですが

はがされた

「犬」

の文字が切ないですね。

むかしはワンちゃんがここにいたんでしょうね。

悲しい別れのストーリーを想像して、思わず合掌。

電話しておいたら港まで迎えに来てくれたよ。

本島から予約電話した時に、
フェリーで着く時間を知らせていたので、
ご主人が親切に、港まで迎えに来てくださいました。

歩くとだいたい10分くらいですかね瀬相の港から。

もちろん帰りも港まで送ってくださいましたよ。

グーグルマップ上でも「加計呂麻板金」で、表示されてます。w

島の板金屋さんが、レンタカー業も兼業されているんですね。

多少クルマを凹ましたりしても、
ご主人がすぐ直してしまうのでしょう。

そう考えると、じつに理にかなったビジネスですね。

借りた軽、ダイハツ「エッセ」が地味に乗りやすかった。

借りたクルマは、
小回りのきく、軽自動車の「エッセ」でした。

1日3000円とガソリン満タン返しとのこと。

すぐ近くにエネオスがあるので、
スタンド探しに右往左往しなくていいのは助かりますね。

この「エッセ」なんとも運転しやすく地味に形もかわいいので
気に入ってしまいました。

中古で買っても安そうだし。

ドライブの途中、きれいなビーチが点在しているので、

たびたび降りて散策。

こんな感じで、
意外に絵になってません?このクルマ。

今回、でいご並木、徳浜を目指しました。

最後に加計呂麻島の全景マップをみてみましょうね。

寅さんで有名な「徳浜」、「デイゴ並木」は
ひたすら南下していった先っぽにあります。

静かなビーチ。

波の音、風にそよぐデイゴの葉の音、

それしか聴こえてきません。

辿り着くまでの道は山道なので

くれぐれも対向車に注意して、

安全運転で楽しい旅にしましょうね。

では。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

フォローしてね!

広告付き関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告