奄美大島ハーフマラソン完走!コース紹介するよ!

どうも。
「30秒ドローイン!腹を凹ます最強メソッド (カラダをつくる本シリーズ)」
腰痛改善にチャレンジ中のてつです。

さぁ、走ってきましたよ〜。
奄美大島ハーフマラソン!

いやぁ〜きつかったですよそりゃあ。

なんせはじめてのハーフでいきなり高低差の激しいコースだったので、
かなりビビりながらのスタートになったわけです。

ではこの奄美大島ハーフマラソン、
会場の雰囲気とコースの走った感じなど、紹介していきますね。

ハーフマラソン出場はじめて、記録は2時間23分という
ノロノロランナーの感想なのであしからず〜。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

さくらマラソンの名とは裏腹に、過酷なコースが売りの奄美大島ハーフマラソン!

まず、朝は7時に
泊まっていた名瀬のホテル、「ホテルウエストコート奄美」
をでて、地元の知り合いの方に車で会場の太陽が丘運動公園へ連れて行ってもらいました。

早朝は薄曇りといった空模様。

眠い〜、駐車場が込み合うということで朝早く出たので、
駐車はスムーズにいいところをゲット。

体育館で番号札をもらい、参加賞のTシャツももらい
出発の10時20分まで寝転んだりして備えます。

開会式は耳で聞いただけw

噂には聞いていましたが、
たくさんコスプレランナーの方々がいました。

5人くらいの女の子たちが
マリオキャラのコスプレでいてテンションが上がったり、w
ヒーロー系、ジブリ系など、
コスプレランナーがたくさん。

測道で応援する人たちからも
ひときわ注目されていて、大会を盛り上げてるね〜。

奄美の素朴な自然のなかをコスプレランナーたちがかけてゆく、、

絵になりますね〜。w

そうそう、
体育館の一角に地元のマッサージ屋さんが来ていて、
無料でランニング前の調整をしてくれるサービスをしていました。

ぼくもやってもらおうか迷ったのですが、
普段しないストレッチをすると、からだが逆に疲れそうなので
あえて受けない選択を。

スタート前の会場。

緊張感が少しだけ、ありますね。

コースはというと、
こんな感じになっております。

ご覧の通り、
海が見える海沿いの道を走るのはハーフのコースだけなんですよね、、

しかも後半にちょろっとだけ。

このへんはもっと海沿いを走る的な要素を全面に出していただけると
観光ついでのランナーにも興味を持ってもらえるんじゃないですかねぇ。

と、かってに分析しておきます。

せっかくきれいな海があるのに、ちょっとしか海沿いを走れないのは残念。

さらにこの、過酷な高低差。

高低表をご覧の通り、
かなりハードなコース設定なんですよね。

これを最初に見せられていたおかげで、前半は相当にゆっくりはしり、
後半の登りに備えました。

一足先にお花見しちゃいました!さくらの花のピンクが濃い!

途中にやはりさくらマラソンというだけあって、
東京より一足先にお花見〜。

下を向いて咲くから「悲観桜」というらしいです。

う〜ん、この鮮やかなピンクには悲観な感じはしないんですが、

島人にとってはこれでもネガティブな感じなんでしょうか??

島の人によると、奄美では植物が「枯れる」ことはないそうです。

散ることはあっても、寒くないので枯れないそうです。

さすが南国ですね〜。

そんなこんなで、
折り返し。
きれいな海が疲れを癒してくれます。

ゴールしてからもう、1日ぐったりでしたけど、
次の日はそんなからだにむち打って、加計呂麻島観光に向かったのでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

フォローしてね!

広告付き関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告